エステやクリニックで現在主流の脱毛方法│全身脱毛福岡ナビ

エステやクリニックで現在主流の脱毛方法

現在、美容外科やクリニックで行なっている脱毛方法は「レーザー」を使ったものです。

 

この方法は、皮膚の表面にレーザーを照射して毛根にある毛母細胞・毛乳頭を破壊する方法です。毛の黒い色素にレーザーの光が反応して熱が蓄積されます。

 

それにより毛の生育に重要な役割のある毛母細胞・毛乳頭を焼いてしまうことで自然と毛が抜けるという仕組みです。

 

レーザーで行う脱毛は、それまで主流だったニードル脱毛に比べると痛みが少なく短時間で処理が出来ます。

 

また、広範囲に照射できるため施術時間も短く出来ます。

 

レーザーは黒い色素に反応するため黒くて太い毛に適していると言われています。

 

特にワキやVラインなどの太い毛には効果的です。こちらは医療機関でしか行えないため、安心感は高いですが料金も高めです。

 

脱毛サロンで行われている「光脱毛」はカメラのストロボのような光をあてて、レーザーと同じように毛母細胞・毛乳頭を破壊する方法です。

 

レーザーと仕組みは同じですがレーザーによる施術は医療機関でしか行えないため、サロンではこちらが主流です。

 

レーザー同様に痛みが少なく施術時間が短いのが特徴です。

 

レーザーよりもさらに広範囲に拡散しますので1回の照射で処理できる範囲が広いです。

 

こちらも黒い色素に反応しますので黒く太い毛には得に有効です。

 

エステやサロンなどの場合は、キャンペーンやお得なコースが常に用意されているので費用を抑えることができます。

比較ページへのリンク画像